ブラジル治験中断「深刻な事態」

共同通信

 【サンパウロ共同】ブラジル国家衛生監督庁は9日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発中の新型コロナウイルスのワクチン治験について「深刻な事態」があったとして治験を中断したと発表した。ブラジルのメディアが報じた。

 同ワクチンはサンパウロのブタンタン研究所がシノバックと提携し、開発している。「深刻な事態」は10月29日に起きたという。研究所の所長は、治験者の1人が死亡したと衛生監督庁が報告を受けたと話した。死亡と治験との関係はないとしている。

 ブラジルでは少なくとも9千人が最終段階の治験に参加していた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ