伊藤美誠、3位決定戦制して銅

共同通信

 【北京共同】卓球の女子ワールドカップ(W杯)最終日は10日、中国の威海で行われ、東京五輪シングルス代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)は準決勝で同3位の孫穎莎(中国)に2―4で敗れたが、3位決定戦でハン・イン(ドイツ)に4―0でストレート勝ちし、銅メダルを獲得した。決勝は世界1位の陳夢(中国)が孫穎莎を4―1で下して優勝した。

 伊藤は、孫穎莎に3ゲームを奪われてから2ゲームを取り返す粘りを見せたが及ばなかった。世界25位でカット主戦型のハンは強打で寄せ付けなかった。

 新型コロナ感染拡大の影響で、トップ選手が出場する国際大会は約8カ月ぶりの開催。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ