首相、元徴用工で対応要求

共同通信

 菅義偉首相は10日、韓国の情報機関、国家情報院の朴智元院長と官邸で面会した。朴氏は日韓関係の改善に意欲を示し、1998年に署名した「日韓共同宣言」に続く新たな宣言作成を提起。首相は、元徴用工問題などで厳しい状況にある両国関係を健全な関係に戻すきっかけをつくるよう韓国側に要求した。現時点での新たな宣言の検討に難色を示した形だ。日韓外交筋が明らかにした。

 面会後、朴氏は記者団に「文在寅大統領の韓日関係正常化への意思を伝達した」と述べた。

 菅首相と韓国政府高官の面会は初めて。首相は、新型コロナウイルス禍での朴氏の来日実現を歓迎。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ