FX投資名目、36億円を集金か

共同通信

 高配当を約束し外国為替証拠金取引(FX)への投資名目で出資金をだまし取ったとして、群馬、長野両県警は10日、詐欺容疑で長野市の資産運用会社「SFP相談事務所」の実質的経営者、関沢里志容疑者(43)=長野県千曲市=と同代表、酒井陽介容疑者(46)=同県上田市=ら男女5人を逮捕した。26都府県の約600人から約36億円を集めていたが、実際に投資したのは一部で、両県警が資金の流れを調べている。

 両県警によると、関沢容疑者らは調べに対し「借りただけ」「だましたつもりはない」などと供述。5人とも容疑を否認している。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ