IHI、赤字95億円に拡大

共同通信

 IHIが10日発表した2020年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比18・8%減の4828億円、純損益は赤字額が前年同期の48億円から95億円に拡大した。赤字は中間決算として2年連続。新型コロナウイルス流行が打撃となり、民間航空機向けエンジンの販売が振るわなかった。

 新型コロナは主力の航空・宇宙・防衛の事業で310億円の減益要因となった。航空エンジンの落ち込みは4~9月で底を打ち、今後は各国の国内線を中心に航空需要が戻り、徐々に回復するとしている。これまで未定だった21年3月期の連結業績予想も示し、売上高は1兆1500億円、純利益は10億円を見込んだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ