ワクチン「来年前半に全国民分」

共同通信

 新型コロナウイルス感染症のワクチンを国の全額負担で迅速に接種する体制を整える予防接種法改正案が10日、衆院本会議で審議入りした。菅義偉首相は接種に向けて「安全性、有効性を最優先に、最新の科学的知見に基づいてしっかり審査していく」と表明。米製薬大手ファイザーが開発中のワクチンの有効性を示す治験結果が公表され、国内でも期待が高まる中、首相は「来年前半までに全ての国民に提供できる量を確保する」と改めて強調した。

 新型コロナの新規感染者数は国内で連日千人を超え「第3波」の様相を呈している。首相は「最大限の警戒感を持って対処している」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ