「コロナに効果」と粉ミルク販売

共同通信

 医薬品として承認を受けていない健康食品の粉ミルクを「新型コロナウイルスにかからない」などと説明し販売したとして、京都府警は10日、医薬品医療機器法違反の疑いで、大阪府藤井寺市の会社社長安田敏美容疑者(75)と同府松原市のアルバイト北村朋子容疑者(63)を逮捕した。両容疑者は容疑を否認している。

 逮捕容疑は今年4月までに「コロナにかかっても重症化しない」などと効能をうたい、京都府舞鶴市の女性(85)ら4人に、市販の粉ミルク計9箱を計約29万円で販売した疑い。

 府警によると、被害者が「購入した薬が高額で怪しい」と綾部署に相談し、発覚した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ