アマゾンに独禁法違反警告

共同通信

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は10日、米インターネット通販大手アマゾン・コムに対し、運営するオンライン市場に出品する小売業者の販売データを自社の商品販売に使うのは、EU競争法(日本の独占禁止法に相当)に違反するとの暫定見解を示したと発表した。アマゾンの商慣行を巡り、新たな調査を始めたことも明らかにした。

 EUは競争法違反の疑いがあると警告する「異議告知書」をアマゾンに送付。同社は欧州委の暫定見解に「同意しない」との声明を発表した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ