バイデン氏、同盟関係の再構築へ

共同通信

 【ワシントン共同】米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は10日、英国、フランス、ドイツ、アイルランドの4カ国首脳と電話会談し、北大西洋条約機構(NATO)を中心とした同盟関係の再構築に取り組む考えを表明した。バイデン氏の政権移行チームが発表した。共和党のトランプ大統領による「米国第一」主義で揺らいだ同盟関係を立て直し、国際協調重視に復帰する姿勢をアピールした。

 バイデン氏は記者会見で、トランプ氏が敗北を認めないことに関し「恥ずかしいことだ」と批判。トランプ氏は政権移行の手続きを拒否しているが「止められない。大きな影響はない」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ