九州北部で濃霧 通勤の足に乱れ

濃い霧に包まれた北九州市小倉北区の住宅地=午前7時50分ごろ、北九州市小倉北区 拡大

濃い霧に包まれた北九州市小倉北区の住宅地=午前7時50分ごろ、北九州市小倉北区

 九州北部は29日未明から朝にかけ、前日までの降雨と放射冷却現象による地温低下の影響で濃霧が発生し、交通に乱れが出た。

 高速道では、九州道筑紫野-広川インターチェンジのほか大分道の一部などで時速50キロの速度規制が朝まで続いた。西鉄天神大牟田線では大善寺-大牟田間で濃霧が発生。徐行運転した影響で最大19分遅れた。JR九州も長崎線などで最大20分の遅れが生じた。

 北九州市では、戸畑区と若松区をつなぐ若戸渡船が8便欠航。市内各地で通勤中の車がヘッドライトをつけて注意しながら運転していた。

 福岡管区気象台によると、九州北部は気圧の谷が接近する影響で29日夜から雨が降りだす所もある。


=2014/01/29付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ