芸術監督に片岡・森美術館館長

共同通信

 芸術祭「あいちトリエンナーレ」から名称変更し2022年の開催を目指す「新・国際芸術祭」(仮称)の組織委員会は11日、芸術監督に森美術館(東京)館長の片岡真実氏(55)を選任したと発表した。片岡氏は名古屋市出身で、12年の韓国・光州ビエンナーレの共同芸術監督や18年のシドニー・ビエンナーレの芸術監督を歴任した。

 昨年の芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」ではジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務めた。企画展で展示された元慰安婦を象徴する少女像や、昭和天皇の肖像を燃やすシーンが含まれる映像作品に抗議が殺到し、一時中止に追い込まれた経緯がある。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ