温室ガス排出ゼロへ具体策を検討

共同通信

 経済産業省などは11日、2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにする目標達成に向け、技術開発や普及を後押しする「グリーンイノベーション戦略推進会議」を開き、具体策の検討に入った。水素や蓄電池、洋上風力の活用のほか、二酸化炭素(CO2)を回収し資源として利用する「カーボンリサイクル」を重要分野と位置付け、数値目標や支援策の実行計画を年内にまとめる。

 梶山弘志経産相は会議で「(ゼロ目標の)実現の鍵となるのは革新的なイノベーション」と強調し「果敢に挑戦する企業に長期間にわたり支援することも検討している」と語った。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ