福袋、年内販売で店頭の混雑緩和

共同通信

 大手百貨店は2021年の福袋に関し、新型コロナウイルスの感染対策として店頭の混雑を避けるため、事前予約制にしたり、販売開始を年内に前倒ししたりする。地域応援や自粛が続いた結婚式をテーマにしたほか、自宅時間を楽しめる福袋など「巣ごもり需要」を意識した商品も用意した。

 松屋銀座は20年の福袋と比べて販売個数を2割減とし、事前予約などで年内と年始に半分ずつ販売する。結婚式を自粛したカップル向けには、指輪や記念撮影、ホテル宿泊などをセットで売り出す。

 西武池袋本店は自宅時間を快適に過ごせるよう、人気のハンモックや毛布といった商品を組み合わせた限定品を販売する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ