野口聡一さん、3度目の宇宙へ

共同通信

 宇宙飛行士の野口聡一さん(55)が15日午前9時49分(米東部時間14日午後7時49分)、米スペースXの新型宇宙船クルードラゴン国際宇宙ステーションに旅立つ。野口さんの飛行はロシア・ソユーズ宇宙船に搭乗した2009年以来で、3度目。約半年間の滞在中、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った実験や、東日本大震災10年の被災地へのメッセージ送信を予定している。

 50代での挑戦となるが、野口さんは「10年ぶりの“カムバック賞”をもらいたい」と過酷な船外活動に意欲も。05年の米スペースシャトルを含む3種類への搭乗を果たすことに「飛行士冥利に尽きる」と感慨深げだ。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ