自転車幼児座席、就学前までOK

共同通信

 自転車の後部に取り付ける幼児用座席に乗せられる子どもの年齢について、6歳未満に限るとされていたルールを「小学校入学前」へ変更する動きが広がっている。共同通信の調べでは、25道府県が既に新ルールを採用。これまでは同じ学年の子どもでも、6歳の誕生日が来たかどうかで使用の可否が分かれていたが、送迎に使う保護者らに配慮して緩和した。

 幼児用座席に関するルールは各都道府県の公安委員会規則で規定されている。これまでは全国一律で6歳未満とされていたが、大分県が今年4月に先陣を切ってルールを変更すると、他の自治体も追随。今月までに計25道府県が新ルール採用を決めた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ