睡眠薬入りワイン飲ませ乱暴容疑

共同通信

 睡眠薬入りのワインを女性に飲ませてわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は12日、準強制性交の疑いで、東京都新宿区、会社員丸田憲司朗容疑者(30)を逮捕した。

 捜査関係者によると、丸田容疑者はリクルートの関連会社「リクルートコミュニケーションズ」(東京都中央区)の社員。容疑を認め、他の女性に対する同様の行為もほのめかしているという。

 逮捕容疑は6月27日夜、東京都渋谷区のレストランで睡眠薬入りのワインを飲ませ、意識がもうろうとなった30代女性を自宅に連れ込んで乱暴した疑い。

 同課によると、ホームパーティーで知り合い、事件当日は2人きりで飲食していた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ