「熊本を食べよう!オンライン ランチフェア」開催!!

PR TIMES 熊本市

市長や農漁業者等も熊本からオンラインで参加し、東京の参加者に向けて食材をPR!
熊本市(市長 大西一史)は、首都圏等大消費地での熊本産品プロモーションとして、東京都内のレストランで、バイヤーやマスコミ、インフルエンサー等を招待し、熊本の上質で豊かな農水産物や加工品等を味わってもらうイベント、「熊本を食べよう!オンライン ランチフェア」を開催します。 今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、屋外の会場を利用し、招待者を定員の3分の1程度に抑える等の対応で実施します。また、熊本市長をはじめ、農漁業者や食品関連事業者は、熊本からオンラインで参加して、提供される食材のプロモーションを行います。



1 日時
令和2年(2020年)11月17日(火)13:00~15:00(受付12:30~)

2 場所
(1)東京会場
「THE BBQ BEACH inスポル品川大井町」(東京都品川区広町2丁目1-19 )
https://digiq.jp/sporub1?utm_source=Yahoo!&utm_medium=CPC&yclid=YSS.1000250655.EAIaIQobChMIm5S5m5Lr6wIVCLaWCh0TKAuvEAAYASAAEgJ0FfD_BwE
(2)熊本市役所(熊本市長)、熊本の生産現場(農漁業者・食品関連事業者)

3 内容 
東京都内のレストランで、バイヤーやインフルエンサー向けに、熊本の食材を提供します。東京と熊本の生産現場、熊本市役所をオンラインでつなぎ、農水産物や加工品のPRを行います。

4 主催等
(1)主催  熊本市
(事業委託先  東京促成青果株式会社 https://www.tokyo-sokusei-seika.co.jp/
(2)協力先  
  一般社団法人ChefooDo(シェフード) https://www.chefoodo.jp/index.php
  ChefooDo会員 「みちば和食 銀座 たて野」 https://tateno.info/
  シェフ 舘野 雄二氏
(熊本産の米、焼海苔を使ったおにぎりや、熊本の食材を使ったメニューを提供予定)

5 新型コロナウイルス感染症対策
・東京の参加者には、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の事前ダウンロードを依頼します。
・東京の参加者には、入口でスタッフが受付、検温、手指消毒、参加者全員の連絡先を把握することとしています。
・会場では、客席数を減らし、3密を防ぐとともに、配膳方法にも配慮します。

6 参加者
(1)東京会場
 「くまもと食の魅力発信事業」で首都圏に期間限定で開設するアンテナショップ関連バイヤーや店舗スタッフ、インフルエンサー、首都圏から熊本を応援する会「TOKYO BASE 096」(※)の会員、熊本の食品関連事業者(株式会社フンドーダイ、株式会社風雅、株式会社千興ファーム)
※TOKYO BASE 096 https://kumamotoshi-meets.tokyo/TB096/

(2)熊本側
 ア 熊本市長 大西一史(熊本市役所からオンラインで参加)
 イ 農漁業者、食品関連事業者(生産現場等からオンラインで参加)
(合資会社七福醤油店、株式会社味咲、塩屋海苔研究会、株式会社吉次園 他)

7 熊本市の農水産業



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ