香川の鳥インフル、高病原性疑い

共同通信

 香川県は13日、簡易検査で陽性反応が出ていた三豊市の養鶏場の鳥インフルエンザについて、遺伝子検査の結果、高病原性の疑いがあると発表した。陽性が確定し、県内での感染確認は今季4例目で、三豊市では3例目。今回の養鶏場では約1万羽を飼育しており、県は13日午前に殺処分などの防疫措置を始めた。

 高病原性の疑い事例が新たに出たのを受け、農林水産省は防疫対策本部を開催し感染拡大防止に向けた対応を協議。同県の防疫措置に対する人的、物的支援に注力することを決めた。

 県によると、三豊市の養鶏場で鶏が十数羽死んでいると、12日に県に連絡があり、簡易検査で陽性反応が出ていた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ