米、TikTok利用禁止見送り

共同通信

 【ワシントン共同】米商務省は12日、この日予定していた中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用禁止措置の発動を見送ると発表した。連邦地裁が10月に下した禁止措置の一時差し止めに応じた。トランプ政権は強硬策が不発となり、求めてきたティックトックの米事業再編の動きに影響を与えそうだ。

 商務省は連邦地裁の判決に従い「今後の法的な進展を待っている間」は禁止措置を実施しないと説明した。ティックトックは引き続き利用可能な状態が続くことになる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ