政府への反対が理由でない

共同通信

 加藤勝信官房長官は13日の衆院内閣委員会で、日本学術会議の会員候補6人の任命を拒否した問題に関し「政府方針への反対を理由として任命の判断を行ったものではないと、これまで菅義偉首相も度々国会で答弁されているところだ」と改めて説明した。

 政府が任命に当たり「多様性を重視した」としていることについては「有識者会議でも、バランスを配慮することが学術会議全体としての柔軟性や普遍性を高める上で重要であるとの意見も出されている」と指摘した。

 立憲民主党の吉田統彦氏に対する答弁。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ