行政のはんこ使用、99%超廃止

共同通信

 河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、行政手続きでのはんこ使用を巡り、99%超を廃止する方向に決定したと発表した。「本人の認証にならない認め印は全てなくなる。今後は書面や対面の必要がない手続きはやめて、オンライン化を進めたい」と述べた。

 既に廃止済みや廃止する方向が決まったのは全府省庁の手続き約1万5千種類。印鑑証明や登記登録で必要なものや銀行への届け印など83種類は今後も存続させる。

 廃止に伴い、河野氏は来年1月召集の通常国会で、複数の関連法の一括改正案を提出する考えも示した。法改正が不要な手続きは順次、廃止を進める方針だ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ