東京地検特捜検事が弁護権侵害

共同通信

 東京地検特捜部の検事が任意聴取中を理由に、アパレル会社元社長幸田大祐被告(42)=業務上横領罪で公判中=と面会させなかったのは違法だとして、弁護人の桜井光政弁護士が国に200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、弁護権の侵害を認め、10万円の支払いを命じた。

 判決によると、桜井弁護士は昨年11月、被告から弁護依頼の連絡を受けて東京地検を訪れ、面会を申し込んだ。検事は「任意の取り調べ中で、すぐに面会させることはできない」とし、約2時間取り次がなかった。

 東京地検の山元裕史次席検事は「関係機関と協議して適切に対応したい」とコメントした。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ