横浜IR誘致、住民投票で決着を

共同通信

 横浜市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)に反対する市民グループ「カジノの是非を決める横浜市民の会」は13日、誘致の賛否を問う住民投票条例の制定を求め、集めた約20万6千人分の署名を市内18区の選挙管理委員会に提出した。条例制定の請求に必要な約6万2千人分の3倍以上となった。

 各区の選管は今後、提出された署名を選挙人名簿と照らし合わせ、有効かどうかを審査。法定数を満たしていれば、市長は条例案を市議会に提出する。

 グループのメンバー柴田智悦さん(58)は「2カ月でこれだけの署名が集まった。市民の声として受け止めてほしい」と訴えた。。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ