小柴昌俊氏死去、各地から悼む声

共同通信

 2002年のノーベル物理学賞の受賞者で、宇宙から降り注ぐ素粒子ニュートリノを世界で初めて捉えた東京大特別栄誉教授の小柴昌俊(こしば・まさとし)氏が12日午後9時19分、老衰のため死去した。94歳だった。天文学の新たな分野を切り開いた小柴氏の死去が明らかになった13日、各地の関係者から業績をたたえ、死を悼む声が上がった。

 小柴氏の弟子の梶田隆章東京大教授は「研究の大きな流れや大切なものをつかむ力がすごく強かった。小柴先生のおかげで今の自分がある」と語った。江崎玲於奈横浜薬科大学長(95)は「本質を見抜く力があった。偉大な人が亡くなり残念だ」と語った。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ