ビルマ戦の克明な手記、初公開

共同通信

 太平洋戦争中にビルマ(現ミャンマー)に出征した佐賀県武雄市出身の故井手貞一さん(1995年に97歳で死去)が、当時の惨状を挿絵とともに克明に記した手記「戦時物語」が、福岡県大野城市の「大野城心のふるさと館」で初めて公開されている。29日まで。

 40代だった44年6月に旧日本軍に臨時召集され、現地では泥水をろ過し、第一線に届ける仕事を担った。翌45年8月の終戦後、英国の捕虜になり、復員した。手記では戦況が悪化する中、補給も追いつかず、栄養失調やマラリアで倒れる人々を目の当たりにし、命からがら退却する姿を描いた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ