米、ASEANに連携呼び掛け

共同通信

 【ハノイ共同】米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が14日、オンライン形式で開かれた。米国はトランプ大統領ではなくオブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が代理出席。中国の強引な南シナ海への進出を念頭に国際法順守の重要性を指摘し、「われわれはあなた方を支える」と緊密な連携を呼び掛けた。

 米大統領選でバイデン前副大統領が勝利確実にしたことで、ASEAN側の関心は次期政権のアジア政策に移っている。

 会議では南シナ海情勢のほか、新型コロナウイルス対策での支援策が主要議題になった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ