西地区首位の琉球敗れる

共同通信

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は14日、沖縄市体育館などで10試合が行われ、西地区首位の琉球は信州に66―73で敗れた。11勝3敗で首位を守ったが、連勝は11で止まった。

 東地区では首位宇都宮が広島を84―54で下し、13勝1敗とした。2位千葉は秋田に70―68で競り勝ち、11勝3敗。川崎は富山に84―78で勝ち、ともに10勝4敗となった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ