鳥取県、バス貸し切り料補助へ

共同通信

 鳥取県立高の多数の教員が県教育委員会の内部規定に違反して部活動の引率の際に車を使用していた問題を受け、県は16日までに、県立学校が公式大会の引率で貸し切りバスを利用する費用を補助する方針を決めた。教員が自ら運転する機会が増えると事故を起こすリスクも高まるとみて、バスの利用を促すことで教員の負担軽減と生徒の安全確保を図る狙い。

 県教委が「出張」としている公式大会に参加する目的でバスを貸し切る場合の利用料を、20万円を上限に半額負担する。26日開会の県議会に提出する補正予算案に関連費用400万円を盛り込む。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ