アジの干物が「宇宙日本食」に

共同通信

 日本人宇宙飛行士の野口聡一さんが国際宇宙ステーション滞在中、アジの干物を楽しめることになりそうだ。愛媛県東温市の干物メーカー「キシモト」の製品が宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「宇宙日本食」の認証を受け、宇宙に運ばれる見通しとなった。

 1年半は保存できるなどの条件を満たすため、水分を限界まで飛ばす工夫をし、約5年がかりで開発した。高温高圧処理で骨まで食べることができ、宇宙ではなるべく減らしたい生ごみが出ない。無重力環境で不足しがちなカルシウムが豊富なのも特長だ。欧米の飛行士でも食べやすいよう薫製にして臭みを抑えた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ