茨城、兵庫は警戒レベル引き上げ

共同通信

 新型コロナの感染急拡大を背景に各都道府県は危機感を強めている。11月に入り茨城、兵庫などは独自に設定した警戒レベルを引き上げた。7日に5段階の指標を「2」から「3」に上げた北海道は16日、札幌市だけは「4」相当の扱いにする方針を固めた。愛知、静岡なども引き上げを検討している。

 国内の感染者数は10月以降、人との接触が多い20代や30代の若い世代を中心に増加。11月になると急増した。

 兵庫は「1週間当たりの平均感染者数が基準を超えた」と強調。13日に1段階目の「感染拡大注意報」を出した福井は「県内の新規感染者数や周辺の状況を踏まえた」と説明する。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ