英首相「FTAなくても繁栄」

共同通信

 【ロンドン、ブリュッセル共同】英首相官邸は16日、最終局面を迎えた欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)締結交渉を巡り、ジョンソン首相が「主権を持つ独立国としての英国の地位を損なうような提案は受け入れない」と述べたと発表した。協議が決裂しFTAを結べなくても「英国は繁栄すると自信を持っている」と主張、EUをけん制した。BBC放送が伝えた。

 交渉期限は激変緩和期間が終わる年末までだが、同期間終了時にFTAを発効させるには今月中旬が期限とも指摘される。英EUはロンドンで週末返上で交渉を続け、16日からブリュッセルに舞台を移し協議を再開した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ