ワクチン供給遅れに懸念

共同通信

 【ワシントン共同】米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は16日、共和党のトランプ大統領が大統領選の敗北を認めず政権移行手続きが始まらないことで、新型コロナウイルスのワクチン計画の引き継ぎができず供給に遅れが出ることに懸念を示した。東部デラウェア州で記者会見し「協力がなければ、より多くの人が亡くなる可能性がある」と警告した。

 米国は感染者数、死者数とも世界最多で、感染者は再拡大している。バイデン氏は「(就任する)来年1月20日まで待たなければならないなら、後れを取る」と強調し、早期の政権移行手続き開始を呼び掛けた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ