東証、一時2万6千円突破

共同通信

 17日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値近辺で推移した。一時は1991年6月以来約29年5カ月ぶりに節目の2万6000円を突破し、米国での新型コロナウイルスのワクチン開発が進展したとの発表を受けて景気の持ち直しが期待された。だが最近の急ピッチの株高による過熱感の強さから利益を確定する売り注文が出て、下落に転じる場面もあった。

 取引開始直後には上げ幅が150円に達し、約29年半ぶりの高値を付けたが、その後は売りが目立った。午前終値は前日終値比6円48銭高の2万5913円41銭。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ