パートナー制度導入訴え

共同通信

 LGBTなど性的少数者のカップルを自治体が公認するパートナーシップ制度を巡り、三重県伊賀市の制度を活用する男性カップルが17日、県民らから集まった応援の手紙やメッセージ約340通を三重県の担当者に手渡し、制度導入を要望した。

 三重県は性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」を禁止する条例制定に向け準備を進めており、条例にパートナーシップ制度も盛り込むべきかどうかも検討している。

 カップルは加納克典さん(41)と嶋田全宏さん(44)。制度に対する考えや思いをブログなどで募ったところ、県内外から手紙などが集まった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ