藤井二冠巡る妨害、被告認める

共同通信

 藤井聡太二冠(18)の出身地の愛知県瀬戸市役所に爆破予告の電話をかけたとして、威力業務妨害罪に問われた同県西尾市の無職神谷光宏被告(50)は17日、名古屋地裁(岩見貴博裁判官)で開かれた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は懲役1年6月を求刑し即日結審した。弁護側は反省しているとして執行猶予付きの判決を求めた。判決は24日。

 検察側は、被告が市役所に「藤井聡太の報道やめろって(報道機関に)言え、1回でもあったら爆破する」と電話したと指摘した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ