政府、クルーズ船感染対策を拡充

共同通信

 政府は17日、クルーズ船を受け入れる全国の港を対象に21年度以降、医療用テント整備など感染症対策の財政支援を拡充する方針を固めた。新型コロナ感染症の影響で休止したツアーの本格再開に向け、乗客が安心して船旅を楽しめる環境を整える。

 ウイルスの飛散を防ぐ検査用陰圧テント、旅客ターミナルの隔離スペース、サーモグラフィーの整備費用などを地元自治体に補助する際、補助率を現在の3分の1から2分の1に引き上げる。

 「ダイヤモンド・プリンセス」や「コスタ・アトランチカ」では集団感染が発生。国交省はこうした事態に備え、港湾での対応を確認できるライブカメラの設置も進める。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ