案里議員、原資は「たんす預金」

共同通信

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告の公判は17日午後も東京地裁で続き、検察側が被告人質問を実施した。案里議員は地元議員らに渡した現金の原資について「たんす預金。自由に使えるお金だった」と明らかにした。原資に言及したのは初めて。

 夫で元法相の衆院議員克行被告に多額の出費がある際、出せるようにためていたとし「多いときには200万円あった」と説明。「口座の中にも自由に使えるお金はあったが使っていない」と振り返った。検察側は克行元法相の役割を尋ねたが、案里議員は「分からない」と繰り返した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ