連合、ベア「2%程度」要求へ

共同通信

 連合が2021年春闘で、基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)の目標値を月給の2%程度とする要求を掲げる方針を固めたことが17日、関係者への取材で分かった。10月に公表した春闘方針のたたき台となる基本構想では、新型コロナウイルスの影響が見通せないとして数値を盛り込まなかったが、傘下の産業別労働組合から「明確な数字を掲げるべきだ」との意見が相次いでいた。

 要求を「2%程度」とするのは6年連続。不況下の春闘でも従来の水準を掲げることで、近年続いている賃上げの流れの維持を狙う。賃金の低い非正規労働者や中小企業で働く人たちの格差是正にもつながると判断した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ