子宮移植でサル出産

共同通信

 サルから摘出した子宮を別のサルに移植して赤ちゃんを出産させることに成功したと慶応大や滋賀医大などのチームが18日、国際医学誌で発表した。チームは「臨床応用への大きなステップだ」として、今後病気で子宮がない女性が出産できるよう、人を対象にした国内初の子宮移植の実施を目指す。

 チームは2017年に、母娘間の移植を想定し、免疫の型が類似するカニクイザルから、別のカニクイザルに子宮を移植した。その後、受精卵を移植したところ、2度の流産を経て、20年5月に元気な子ザルを出産した。順調に育っているという。

 人の子宮移植はスウェーデンで14年に移植後の出産に成功した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ