公明、広島3区に斉藤副代表公認

共同通信

 公明党は19日の中央幹事会で、次期衆院選広島3区の候補として斉藤鉄夫副代表(68)=比例中国、当選9回=の公認を決定した。広島3区は、公選法違反の罪に問われ公判中の河井克行元法相=自民党を離党=の地元。独自候補擁立を目指す自民党広島県連の理解を得て、選挙準備に入りたい考えだ。

 中央幹事会後、西田実仁選対委員長は記者会見で「政治の信頼を回復し、与党として議席を得るには斉藤氏の擁立が最善と判断した」と強調した。斉藤氏は19日夕、会見して立候補を表明する。

 広島3区を巡っては、自民党県連が河井元法相に代わる公認候補を立てるため選挙区支部長の公募を始めている。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ