紹介状なしで受診、7千円以上に

共同通信

 厚生労働省は19日、紹介状なしで大病院を受診した患者から初診料などの窓口負担とは別に5千円以上を徴収する定額負担制度について、徴収額を2千円以上増やす方向で検討に入った。最低7千円以上の徴収を病院に義務付けることになる。対象病院も現在の666病院から、専門的な外来診療を担う200床以上の病院に範囲を拡大する方針。2022年度までの導入を目指す。

 軽症患者には地域のかかりつけ医に行ってもらい、専門病院がより高度な医療や入院治療などに専念できるようにする狙い。

 厚労省は併せて、紹介状なしで受診する際の初診料を引き下げる方針。患者の自己負担の増加を抑える。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ