NBA、全体1位はエドワーズ

共同通信

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボール、NBAのドラフト会議が18日、新型コロナウイルスの影響からオンラインで行われ、ティンバーウルブズが全体1位でジョージア大1年のアンソニー・エドワーズを指名した。

 昨年八村塁を全体9位で指名したウィザーズは、同じ1巡目全体9位でイスラエル出身の19歳、デニ・アブディヤを選んだ。NBAのドラフト会議は2巡目までの計60人しか指名されない狭き門で、今年は通常の6月開催から延期された。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ