がん10年生存率58・3%

共同通信

 国立がん研究センターは19日、2004~07年にがんと診断された人の10年後の生存率が58・3%で、前回集計した03~06年に比べ1・1ポイント上昇したと発表した。データを取り始めた2000年ごろから、同じ計算式で比較すると少しずつ向上している。今回はがんの治療を専門とする21施設の約9万4千人の患者情報を対象にした。

 部位別で生存率が目立って低かったのは膵臓がん(6・2%)、肝臓がん(16・1%)、胆のう胆道がん(19・1%)だった。一方、最も高かったのは前立腺がん(98・8%)で、乳がん(86・8%)、甲状腺がん(85・7%)と続いた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ