スペイン北東部の飲食店再開へ

共同通信

 【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナ)政府は19日、新型コロナウイルスの感染再拡大を抑えるため10月半ばから閉鎖してきた州内の飲食店に関し、感染状況の改善を受け、今月23日から1カ月以上ぶりに再開を認めると発表した。スペインのメディアが伝えた。

 午後10時から午前6時までの夜間外出禁止は変更せず、飲食店は午後9時半で閉店とする上、屋内に受け入れる客数は通常の30%までにとどめるなどの制限を適用する。映画館や劇場も入場者数を制限して再開できる。

 スペインの中央政府は10月25日に全土に改めて非常事態を宣言した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ