首相「コロナ最大限警戒」

共同通信

 菅義偉首相は20日の参院本会議で、新型コロナウイルスの国内感染者が急増している状況に関し「最大限に警戒すべき状況にある」と述べた。地方自治体と連携し、病床確保をはじめとした医療提供体制整備に努める考えも表明した。これに関し、加藤勝信官房長官は記者会見で、現時点での緊急事態宣言発出に否定的な見解を示した。

 加藤氏は宣言発出を巡り「専門家も同様の認識だ」と重ねて強調。21日からの3連休を前に、飲酒を伴う懇親会や大人数、長時間の会食など感染リスクが高まる「五つの場面」に注意するよう国民に呼び掛けた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ