オスプレイ、駐屯地外を初飛行

共同通信

 陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備されている輸送機V22オスプレイが20日、配備後初めて駐屯地の敷地外を飛行した。7月に配備された2機のうちの1機で、19日に駐屯地内で試験飛行をしていた。今後は東京湾などを中心に飛行を重ね、各地の演習場での本格的な訓練への移行を目指す。

 20日午後0時20分ごろ、両翼のプロペラを回したオスプレイは駐屯地内で数分間ホバリングをした後、南西方向の海上に飛び立ち、約30分で駐屯地に戻った。

 木更津配備のオスプレイは、1機目が10日に敷地外を飛行する予定だったが、ホバリング中に警告表示が出たため取りやめとなった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ