往来危険容疑で沈没船の船長逮捕

共同通信

 香川県坂出市沖で小学生ら62人が乗った小型船が沈没した事故で、坂出海上保安署は20日、業務上過失往来危険の疑いで船長の多田陽介容疑者(45)=高松市高松町=を逮捕した。容疑を認めている。

 容疑は19日午後4時40分ごろ、小型旅客船「Shrimp of Art」(19トン)の船長として坂出市羽佐島の北方海上を航行中、海図による水路の調査不足が原因で船を岩礁に乗り上げさせた疑い。62人は全員救助されている。

 高松海上保安部は20日、潜水士による沈没船の調査で、船の底に岩との衝突で生じたような穴を確認。岩と衝突して船底に穴が開き沈没した可能性が高いとしている。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ