中米またハリケーン被害

共同通信

 【サンパウロ共同】大型ハリケーン「イオタ」が中米地域を襲い、20日までにニカラグアやホンジュラスなどで40人以上が死亡した。各国のメディアが報じた。今月上旬にも別のハリケーンが上陸、グアテマラなどで100人以上の死者・行方不明者を出していた。

 イオタは16日、5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」の勢力でニカラグア沿岸に上陸、前回のハリケーンで脆弱になっていた地盤に土砂崩れを引き起こした。ニカラグアで21人、ホンジュラスで14人、グアテマラで6人が死亡した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ