男子は馬竜、女子は陳夢が優勝

共同通信

 【北京共同】卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル最終日は22日、中国の鄭州で決勝が行われ、男子は世界選手権3連覇中の馬竜(中国)が世界ランキング1位の樊振東(中国)を4―1で退けて優勝した。女子は世界1位の陳夢(中国)が同5位の王曼イク(中国)を4―1で下した。

 世界的な新型コロナウイルス流行による国際大会の中止、延期の影響を受け、今大会は例年ワールドツアーの年間成績上位で争われるグランドファイナルの代わりに開催。グランドファイナルと合わせ、馬竜は4大会ぶり6度目の優勝で、陳夢は4連覇を達成した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ