豪カンタス国際線、ワクチン必須

共同通信

 【シドニー共同】オーストラリアの航空最大手カンタス航空のジョイス最高経営責任者(CEO)は24日までに、新型コロナウイルスのワクチンが流通すれば、国際線の乗客に接種を義務付けるとの方針を明らかにした。出演したテレビ番組で語った。

 ジョイス氏はワクチン接種について「海外からの訪問客や出国客には必要と考えている」と述べた。接種を求められるよう国際線の利用規約の変更を検討しているとし、搭乗に際しワクチン接種の証明書の提出が必要になるとの見通しを示した。

 一方でジョイス氏は「国内線は、今後のウイルスの状況や市場動向を注視する必要がある」と慎重な姿勢を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ